2010年01月15日

シドニーにいながら、ベトナム散策♪

シドニーにはいくつか、
悪名高い・・・と言ったら、
住んでるヒトに怒られるけども(^_^;)
治安が悪いと評判(?)のサバーブがあります。

この写真を見てすぐわかったヒトは、かなりのツウですなっ。
誰かいるかな?


ベトナム1untitled.bmp

ベトナム2untitled.bmp

これだけでも、ホントにここはシドニーか?って
感じですが、イマイチ?
んじゃあコレは?

ベトナム3untitled.bmp

これはさすがにわかるヒトいるかな?

数年前までダントツ1位!に輝いていたのが、
今回行った、このカブラマッタというところ。
最近は、事件や逮捕者の数なんかでバンクスタウンが
上回ったそうですが ・・・。

シドニーに来て、最初の年・・・
だから94年くらいに
一度だけ行ったんだよね、S氏と。
その頃、いろんなサバーブを見せに
連れてってくれてたから・・・(遠い目)

その時は、はっきりいって、噂通りにスゴかったです。
ここに限ったことでもないけど、まず英語なんて
聞こえてきませんからっ。
今回は、時々「Happy New Year!」だけ聞けましたけども。

普通に歩いてるだけで、
「日本人? ハッパ好きでしょ? Sかエックスの方がいい?」とか
まるでキャッチセールスのように声をかけられたり、
あ、英語が聞こえた・・・と思ったら、その内容が、
「テメェからこの間買ったブツ!!まったく効きゃあしねえ!!
まがいもん買わせやがって!!!」
的な会話とか、
どっかで誰か殴って盗ってきた?みたいな、片方のレンズが割れてる
眼鏡を差し出して(その頃、ワタシは眼鏡をかけていた)
「この眼鏡買わないか? 安くしてあげるよ」とか・・・。

その頃、デジカメなんてなかったので
普通の一眼レフのカメラを持って歩いてたんだけど、
とあるお店に入ったら、店員さんが、
「アンタそんなのぶらさげてたら危ないから、これにしまいなっ」
って昔の駄菓子屋にあったような、茶色い紙袋に
カメラ入れるように勧められたとか・・・。

とにかく、第一印象がもうカルチャーショック!でした。
すげーー外国こえ〜〜〜みたいな(笑)

もともとは、ベトナム系やタイ系の移民の町です。
ワタシは行ったことないけど、タイに長期滞在したことある
S氏は、本場と似てるところがいっぱいあると言っとります。
細い路地裏に、小さなお店がひしめき合ってるとか
南国フルーツやアジア独特の野菜が盛り沢山のマーケットとか。

メインの商店街の、お店とお店の間に細い路地があって、
タッパーに入れたお惣菜やらパンやら売ってたり、
八百屋があったり。

ベトナム4untitled.bmp

フィッシュマーケットも、いわゆるオージーが普通行く
フィッシュマーケット とは、扱っている魚が
ちょっと違ってたりね。
どちらかというと、日本人が食べるものと似てる。
つぶ貝やら売ってたりするし。

ベトナム5untitled.bmp

八百屋さんと魚屋さんの数は圧倒的に多かったですね。
どんな小さな路地でも、この二つは必ずありました。


ワタシの感覚でいうと・・・昔の上野みたいな?
昔の・・・ってのがポイントです(笑)

ダサ〜いデザインの布団ばっかり売ってる布団屋さんとか、
小さい時計屋さんとか、
金メッキぴっかぴかの仏具屋さんとか(笑)


ベトナム6untitled.bmp

カブラマッタでのグルメ〜キスマークなお話は
↓↓↓
http://sydney-gohan.seesaa.net/
を見てね手(チョキ)


タグ:シドニー
posted by な〜お at 13:40| Comment(1) | シドニーの名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

ジャカランダの季節

11月のシドニーといえば、
ジャカランダの季節。
日本の桜同様、春…というか夏?を感じさせてくれる
季節の木の花。

昔、ワタシが住んでる地区では、赤ちゃんが産まれると
この木を植えていたらしく
そのせいか、他の地域に比べても、やっぱり目に
することが多いような気がします。

今住んでるトコの、お隣さんの庭にジャカランダの木があるんだけど、なぜか途中でコッチの庭に伸び始めたらしく、
お花見するにはお隣さんの庭より
ウチの裏庭がサイコー!

ってことで、まずは愛でてください♪

最初は、開花と共に、お天気の悪い日が続き、
このまま散っちゃうかな〜と心配に。

ジャガランダ1untitled.bmp

ジャガランダ2untitled.bmp

アップで見ると、お花のカタチはこんな感じ。
ちょっとトルコキキョウっぽいかな。
ジャガランダ3untitled.bmp

数日後、もう少し開花もして、お天気もようやく良くなってきました。
ジャガランダ4untitled.bmp

ジャガランダ5untitled.bmp

ジャガランダ6untitled.bmp

ジャガランダ7untitled.bmp

遠くには、お月様も。

ジャガランダ8untitled.bmp

街を歩いていても、ジャカランダがあることに
気がついて「あぁ」と顔を上げた瞬間の顔が、
みんなとっても優しそう。
花は心を豊かにしてくれますよね。




posted by な〜お at 20:34| Comment(1) | シドニーの名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

Happy Birthday ダーリングハーバー!

少し前のことになりますが
シドニー中心部にある港町公園として
人気が高い、ダーリングハーバー
今年で21歳の誕生日を迎えました!

ちょうど、こっちでいう成人の年ですね(笑)

毎年、記念日にはなにかとイベントが行われるのですが
今年はやはり、ちょっと気合いが入ってました。

水面おめでとう.jpg

公園中心部にある、コックルベイワーフ
水面に、「HAPPY 21 BIRTHDAY」という
文字が浮かんでます。

後ろにあるのは水上ステージで、
日本の和太鼓演奏などもあるみたいでした。

たいこ.jpg

写真はまだリハーサル中なとこ。

ワーフの反対側には、バースデーケーキの
ディスプレイも。
バースデーケーキ.jpg

タンバロングパークでは、いろんな国の屋台や
ステージではこれまたいろんな国のダンスショーが。
ぽーらんど1.jpg

これはポーランドの踊りらしいです。

まかれな.jpg
こっちはレバニーズかな。
マカレナのおじさんぽい・・・。

こちらは中国。
ちゃいこども.jpg
こんな小さなコも頑張って踊ってました。

中でもワタシが一番好きだったのは、アフリカンダンス。
アフリカンバンド.jpg
やっぱり、ノリがいいですよね〜♪
あふりかんがーる.jpg

踊りも、すごく躍動感があって素晴らしかったです。

あふりかんぼーい.jpg

男性の踊りもとてもソウルフル。

芝生に腰掛けて、けっこう長い時間ステージを楽しんで
いたのですが、この日はアジア系のなんかカメラ愛好会みたいな
団体も来ていて、この人達がもう、失礼きわまりないというか
邪魔!!

みんな座ってみてるのに、ステージ近くまで押し寄せて
平気で立ちっぱなしなもんだから、
見えづらいし、周りの人達も文句ブーブー。
でも自覚がないのか、絶対にどかない。
もう少し、状況を考えて欲しいものです・・・。

夜には花火も予定されていたのですが、
残念ながらワタシ達は観ないで帰ってきました。

街の記念日を、まるで自分の友達のように「誕生日」として
お祝いしたりするオージー気質がやっぱり大好きなワタシ。
自分の住んでいるシドニーという町を、心から
愛してるんだな〜って
感じました。そして自分も今、その中のひとりなんだと思うと、
とっても嬉しくなっちゃいます♪




posted by な〜お at 09:45| Comment(0) | シドニーの名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

夜の繁華街も昼間は健康的?

シドニーで
キングスクロス」と言えば、ガイドブックにさえ
乗ってるほど有名な、THE 夜の繁華街!!

こーら.jpg
こちらキングスクロスの目印として有名な、
コカ・コーラの看板。
この街は殿方でなければ楽しめないサバーブというイメージが
定着してます。
真っ昼間っから、「お商売」のおねーさんがあちこちに立ってたりね。

かくいうワタシもすっかりそういうイメージが出来上がってたので
特に行ってみたいということもなく、長いことご無沙汰してました。

コトの起こりは、ものすごく良いお天気の週末。
な〜〜んにも、これといって予定もなく、最近始めたらしい近所の
オーガニックマーケットでも覗いてみることに。
でもって、これがまたしょぼすぎた・・・。
まだ始めたばかりだからかもしれないけれど、
野菜を売ってるテントが1軒、ケーキ屋が1軒、アクセサリー屋1軒、
お肉屋1軒、おもちゃ屋1軒。
・・・以上!

あ、ひとつだけすごいと思ったのは、こんなしょぼいマーケットにさえ、トルコのギョズレムの屋台があったこと!
トルコ風お好み焼きとでもいいましょうか、どこのマーケットに
行ってもこのお店が当たり前のようにあるのだ。
でもまさか、こんな小規模 なところ
にまで出店してるとは・・・恐るべし!

で、あっという間に見終わってしまい、次になにをしようか?と。
ただ車を走らせていたらキングスクロス
差し掛かったので、ああ、そういえばここでも週末の
マーケットやってたっけな〜と
全然期待もしないで通り過ぎようとしたのですが・・・。

なぜ期待してなかったというと、以前、そう、こちらもマーケットを
始めたばかりの頃に見にきたことがあって、ここらに住んでいるヒトが
処分したいものを売ってるって感じの品揃えで全然面白くなかった
思い出が。

それからもう何年も過ぎているのだけど、見てみてびっくり!
まったく様変わりして、今ではオーガニック
マーケットになってました。しかも、お客さんもかなり多い!
こりゃもう、行くしかないでしょう!

まずはオーガニックの野菜達。
不格好さが逆に食欲をそそりますっ。
早速カゴを片手に、S氏が物色開始。

オーガニック野菜.jpg
人参、ジャガイモ、マッシュルームを買ってみました♪

りんご.jpg
林檎も美味しそうだったけど、ちょっと
高かったかな・・・。

最初に買ったお店とは違う八百屋さんだけど、
これは色とりどりの唐辛子。
最初ミニトマトかピーマンかと思ったよ。
とうがらし.jpg

チーズ屋さんも。
好きなのを量り売りしてくれます。
チーズ屋さん.jpg

オリーブも計り売りで。
おりーぶ.jpg

オリーブ大好き!
食べ始めると止まりませんっ。
ワタシの好きなのは、グリーンのシシリアンオリーブという
種類で、なんとなく青梅みたいな食感のヤツなんだけど
今日はこの黒オリーブのカラマタを購入。
肉厚でとってもジューシィー♪
何種類かあって、どれでも好きなのを試食させてくれます。

一番出店数が多かったのは、手作りのケーキ屋さん。
どれも美味しそうでした〜。
ケーキ屋さん1.jpg

どれかひとつ買おうと思うんだけど、
全部美味しそうで、なかなか決められませんっ。

ケーキ屋さん2.jpg

結局、ローストヘーゼルナッツスライスに決定!
ヘーゼルナッツスライス.jpg
オーストラリアにしては珍しく、甘さ控えめで
しかもローストしたヘーゼルナッツが香ばしくって、
とっても大人な味でした。
黄色いのはキャラメルソースなんだけど、
これまたちょうどよい甘さ♪♪
これはちょっとリピーターになりそうな予感・・・。

このオーガニックマーケットにしてもそうだけど、
キングスクロスのイメージが一気に払拭された日でした。

しばらく来ない間に、夜の歓楽街がまるで
代官山か原宿か?くらいにあちこち変身しまくってて
びっくり!!

お洒落〜〜〜なブティックやら雑貨屋さんやら、カフェやら
やたら新しいお店が増えてて、こりゃあ後日またお店巡り散策に
足を運ばねばなるまい!と決意を新たにしてみたり。

逆に、昔は沢山あったストリップショー系のお店が激減してた。
もはやそれだけではお客を呼べない時代なのかなぁ。
どんどんスタイリッシュでお金持ちな街になってる感じでしたよ。

重厚なアパートの門。

アパートの門.jpg

昔の工場跡かなんかの上に、アパートが造られてる場所。

古い門の上のアパート.jpg

下の赤煉瓦のアーチの中は、廃墟のままで放置されてるみたい。

お天気がよかったので、海沿いまで歩いてみました。
途中にあったカフェ。
見た感じ、プレハブの掘建て小屋みたいなのに、
ちゃんとカフェなんだよね・・・。
かふぇ.jpg

マリーナがある公園で寝転んだりしてたのだけど、
気になるお家発見!

これは横から。

変なアパート横.jpg

道路から通路を渡って、エレベーターで
ウチの中に降りて行くのかな?

これはやや正面から。
変なアパート前.jpg
う〜ん、不思議・・・。

ということで、近いうちにまた
キングスクロスお店散策日記」を
お届けしたいと思います(笑)
posted by な〜お at 11:01| Comment(1) | シドニーの名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

町でよく見かけるRSL CLUBって?

オーストラリアには
いたるところにRSLクラブ
という名前の建物があります。
リタイヤメントソルジャーズクラブの略で、
その名の通り、退役軍人さんの慰安施設とでも
いうのかな。
施設内には、フィットネスジムやら
レストランやらポーカーマシーンやら
パブやらがあって、退役軍人に限らず
誰でも遊べるクラブです。
まあ、そのせいか、お客様はけっこう年配の方が
多いですけども。

ただ、その施設から5Km以内に住んでいる人は
メンバーにならないと入れなかったり、
メンバーではない人は、ヴィジターと言って
運転免許証やらの写真付き身分証明書の提示を
求められます。
といっても、堅苦しい雰囲気ではないので、
緊張せず入れます。

この、入り口で身分証の提示というのが
普通のパブとは違うところですが、
あともうひとつ、知らないで行くと
多少なりとも驚くことが。

それは、決められた時間に毎日必ず、
1分間の黙祷の時間が設けられていることです。

勿論、戦争等で亡くなった、軍人さん達への黙祷です。

ワタシの知っているところだと、夕方6時になると
一瞬証明が薄暗くなり、
「黙祷の時間になりました。皆様、ご起立ください」
というアナウンスが流れます。

その時には、例え食事中だろうが、ゲームの途中だろうが、
皆さん、中断して起立し、お客様は勿論、スタッフも
全員きちんと黙祷を捧げます。

一番最初に行った時には、急にみんな立ち上がって、
どうしたこと?!とびっくりしましたが、
今ではすっかり慣れました。


料理や飲み物等も、普通のパブに比べて安いし、
入り口でのセキュリティがしっかりしてるので
なんとなく安心して遊ぶ事もできるので
よりシドニーらしさを満喫してみたい方は
一度この隠れた名所に足を運んでみてください。
ローカルのお友達ができるかもしれませんよ。
タグ:シドニー
posted by な〜お at 09:54| Comment(0) | シドニーの名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

ボンダイビーチ

ボンダイ1.jpg
一番シドニーらしいビーチといったら、
やっぱりボンダイでしょう!

地元ッ子から観光客から、いつでも人気の
このボンダイビーチ。
ここで働くライフガードは、女子からも男子からも
人気が高く、憧れの存在。

彼らの仕事っぷりを密着ドキュメントで放送している
番組もあり、ボンダイのシンボル的存在。

そんなボンダイの老舗のRSLクラブは、
お天気が良い週末には、ま〜〜ったり過ごしたい場所のひとつ。

ビーチを真ん前に見てから、右側にテクテクと。
潮風はとっても気持ちいいし、
横一面、海だし!
最高です!

アンティークショップをのぞいたり、
ボンダイで一番美味しいとワタシが思っている
カフェでお茶したり・・・。
丸1日過ごすのに全く飽きないのがこのボンダイエリア。

posted by な〜お at 18:00| Comment(0) | シドニーの名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

キャプテンクックのランチクルーズ

たまには海側から
シドニー散策してみるのもオツなもの。

今回はお昼からちょっとおめかしをして、
キャプテンクックのランチクルーズを予約。

数あるシドニークルーズでも老舗どころです。

12時出港なのに、12時半に船が到着。
オーストラリアらしいですねぇ、まったく。
徒14-1untitled.bmp

でもお天気はいいし、外国船ターミナルには雰囲気ある帆船も。
写真の左側の海面に虹があるの見えるかな?
徒14-2untitled.bmp
この帆船の脇を通り抜けて、いざ出発。
徒14-18untitled.bmp
2,3年前の誕生日にも使ったことがあったんだけど、
その時は最上階でコース料理。
サービスも料理も言うことなし!だった記憶が。
今回は真中クラスでシーフード・バッフェ。

・・・シーフード、ほとんどなし。

すでに長蛇の列で、料理がなくなっていても補充にもこない。
食器類も汚いし、サービスも最悪。
最初に良い印象があっただけに、普段あまり文句を言わない
S氏もこれにはがっかり。
せっかく奮発してくれたのにね。

それでも窓の外にはハーバービューが。S氏が20ドル上乗せして
窓際の席を確保してくれていたおかげで、景色はバッチリ!
海沿いのお城のような高級住宅を眺めつつ、
徒14-4untitled.bmp
時折、S氏の誕生日に乗ったパワーボートがばびゅん!と脇をかすめ、
徒14-5untitled.bmp
練習中のヨット達を掻き分けて、
徒14-6untitled.bmp

徒14-7untitled.bmp
オーストラリアの首相宅を横目に見つつ、
徒14-8untitled.bmp
ハーバーブリッジの真下を通り、
徒14-9untitled.bmp
ルナパークの観覧車を眺め、
徒14-10untitled.bmp
S氏はケーキをパクつき、
徒14-11u
ntitled.bmp
船の一番上、スカイデッキには出入り自由。
天気は良いし、お腹いっぱいだし、ま〜〜ったり、過ごす。
徒14-12untitled.bmp
先週行ったダーリングハーバーにも。
写真はスピリット・オブ・タスマニア。ここから自家用車も積んで、船で2泊しながらタスマニアまで。いつか乗りたいな〜。
徒14-13untitled.bmp
ここでしばし休憩の後、またサーキュラーキーへ戻る。
ロックス。18世紀の建物があちこち残ってて、
けっこう好きなエリア。
写真に写ってる石造りの建物は、昔、羊の毛刈りをしていた建物を
改造してレストランになっている一帯。
徒14-14untitled.bmp
この帆船、なんとメキシコからだった。船上はなにやら賑やか。
徒14-15untitled.bmp
やっぱり船の上からだとオペラハウスが綺麗に見えます。
徒14-16untitled.bmp
世界三大美港のひとつ、そして世界第2位の規模をほこるハーバーサーキュラーキー
徒14-17untitled.bmp
これにてクルーズ終了。

このランチクルーズの他にも、モーニングティー
クルーズやアフタヌーンティークルーズ、夜景を楽しむディナークルーズと、種類は色々あるので、その時の予算や日程に合わせて
チョイスしてみてください。


posted by な〜お at 14:09| Comment(0) | シドニーの名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

ダーリングハーバー

話が前後しちゃいますが
ハーバーブリッジクライムの前には、
ダーリングハーバーでパワーボートと
水上飛行機にも乗ってきました。
なんだかワタシ達、とってもシドニー大好き!な
人達みたいですねぇ。

これはS氏へのサプライズ誕生日プレゼントでした。
でも実はS氏にというより、自分がやりたかっただけだったりする。

前年よりもツアーが格安になっていたこともあり、
申し込んじゃいましたっ。
なになに? 注意書きには、首や肩に問題がある人、妊娠してる人、
心臓に問題のある人はご遠慮ください・・・。
・・・(-_-)

ということで、出発はダーリングハーバー
ジョーダンズ前から、まずはジェットボートライド。
ここで、してやられた〜。
バウチャーには、50分のボートライドの後、15分の水上飛行機遊覧と
ある。
ボートにカメラを持ち込みたくなかったので、どういう経路になるのか聞いてみる。
と、係員のいうことには、一度ここに戻ってきてから、飛行機・・・ということになるらしいので、安心してロッカーにカメラごと荷物を預けて出発。
ところが、出発した途端、ドライバーからのアナウンス。
「飛行機の発着場のローズベイまでライドして、飛行機乗る人はそこで降りてくださーい」って、オイオイ(汗)、のっけから、そういうノリ? オージー気質、いらないってば。
なので、ボートにしろ、飛行機にしろ、自分のカメラで一枚も写真を
撮れなかった・・・。

仕方がないので、ブローシャをスキャンしたものでご勘弁。

徒13-1untitled.bmp

通常は全身濡れても大丈夫なように、フルボディのウォータープルーフスーツを着るらしいんだけど、これも「今日は天気いいし、すぐ乾くからいいよね〜?」ってノリ。
しかし、このボートのドライバー、かなりのイケメン。
ニカっと笑った歯の白さでワタシ、メロメロ(死語?)に。

ハーバー内にてかなり暴れん坊なドライブ。
時に360度スピンも。
もちろん、ビショビショです(笑)
ジャンピングしたり、バウンドさせたりで、首や肩が故障してる人は・・・っていうくだりに納得。
バウンドするたびに、頭がっくんがっくんしてました。

で、水上飛行機。ワタシもコレは初。
しかも・・・大の飛行機嫌いでし。
飛行機はみるからに年代モノって感じ。
中は、ワゴン車くらいかな。

徒13-2untitled.bmp

ふと、機内にあるパッセンジャー用のヘッドフォンに目が止まる。
友達はヘリコプターツアーに行って、コレ越しにプロポーズされました・・・。

離着陸は思いのほかスムーズ。
飛行中も、プロペラ機よりも全然、振動も少なく、快適。
景色の素晴らしさといったらもう〜・・・ウットリ。

徒13-3untitled.bmp

ブローシャはシティ近辺のこんな写真しかなかったけど、もっと郊外のビーチ近辺とか、キレイだったよー。
小回りのきく飛行機ならではの回転とかね、ちょっと怖かったけど、
ほぼ目の前で水平線が斜めになる感覚が不思議だったなー。
機会があれば、また乗りたいな。

でもって、またジェットボートに逆戻り。
このへんから、乗り物に弱いワタシはそろそろ・・・うぷ。
50分もボートに乗ってないぢゃーん!!と文句たれてたけど、実は
ワタシ的にはちょうどよかったりして。

S氏も楽しんでくれたようだし、シドニーを満喫した一日でした。
posted by な〜お at 23:22| Comment(0) | シドニーの名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

ハーバーブリッジ・クライム後編

ハーバーブリッジクライム
後編です。

頂上で、ツアーの皆さんと。このポーズはインストラクターの
おじさんがやれって言ったんだよぉ〜。

徒11-1untitled.bmp

登る前は、片側からスタートして、一端下りて反対側に行くんだと
思ってたんだけど、実際には頂上地点で反対側に渡るコースだった。
下りはラクチンだ〜。
頂上からはホームブッシュのオリンピックパークまで見えたよ。
で、戻ったら道具類を返して、着替えて、写真を買ったりしている
間(買いたくない人は買わなくてもいいみたいなんだけど、
こういうところでケチケチしたくないワタシは買います。
(S氏は買いたくないみたいだったけど)に、インストラクターがきて自分の名前の入ったサティフィケイトをくれます。登橋証明書?とでもいうのかな。

徒11-2untitled.bmp
ロビーにはこれまで登ったことのある有名人の写真が。
今覚えてるだけで、
ジョディー・フォスター、ブレンダン・フレイザー、
ニコール・キッドマン、小堺かずきともうひとり誰だかわかんない
日本人、ニッキー・ウエブスター(シドニーオリンピックのオープニングで有名になった子役)とカイリー・ミノーグ、
妹のダニー・ミノーグ、ピアース・ブロズナン、ウィル・スミス、
ベッド・ミドラー、マルコム・イン・ザ・ミドルのマルコム
(俳優名がでてこない〜)、マット・デイモン、
ケイト・ブランシェット、リチャードなんちゃら(ヴァージン
エアラインの社長)、ブルース・スプリングスティーン、
プリンス・ハリー、マイケル・キートンなどナド。
他にもラグビーとかオリンピック関係の人とか。100歳記念に登った
おばあさんの写真もあった。スゴイよ。ワタシであんなに息が
切れたのに。

すべて済んで、外に出てみると、あ〜、おなかが空いた〜。
スタートしたのは10時40分。外に出てみたら2時40分くらい。
しかも朝飯食べてないし。
外では、去年見にきたコーヒーフェスティバルが。
久しぶりに晴れた日曜日とあってか、ものすごい人込み。
その中をぬってジャーマンレストラン前の出店でどデカイ
ホットドッグ購入。1個10ドルは高いと思ったけど、
でかいし美味しいし、許す。

徒11-3untitled.bmp

日本のソーセージみたいに皮がパリパリで身がぷりぷりでしたっ。
で、去年買って美味しかったエスプレッソのビーンズも2袋購入。

徒11-4untitled.bmp

人込みにまいったのと、日頃の運動不足のせいか、足が笑うので、
早々に帰ることに。
今回初めて使ってみた駐車場。一体どういう作りになっているの???ってな怪しいトンネルをおそるおそる進みながら、ひたすら出口を
探す。これ、単なる地下の駐車場なのか??

徒11-5untitled.bmp
徒11-6untitled.bmp

でもって、シドニーを知っている皆様。
この駐車場、入り口はウィンヤードです。某日系旅行代理店、
日本語にしたら“旅の園”の裏側。
なのに、やっとトンネルが終わって外にでたら、ロックスでした。
元の移民局のある通り。
摩訶不思議な街だよ・・・。

結果的には、楽しかったです、ハーバーブリッジ。お勧めです!
日本から誰か来たら、連れてってあげたいな。
posted by な〜お at 08:46| Comment(0) | シドニーの名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

ハーバーブリッジ・クライム前編

2年前の話で
恐縮ですが・・・。

今やシドニーの名物観光スポットとなった、ハーバーブリッジ・クライム
誕生日プレゼントでS氏がチケットを買ってくれて、天気の良い
週末を狙い待ちしてました。そして、ついに決行!!

なんといっても、コレ、“天気”が重要なカギだったもんで、
最近の雨続きのせいで延長をくりかえしていたのだ〜。
でも変更がきくのは1週間前。今回はもうやっちまえ!と決めて
いたため、金曜日までの悪天候にヒヤヒヤさせられました。

あの、ハーバーブリッジのアーチ部分をてっぺんまで登ってしまえ〜
という大胆ツアー。
やっぱり人間、生きてるうちは登りつめなあかんっ。

とはいえ、現地に着く頃のワタクシ達、最悪のコンディション。
車の中で険悪なムードになっててね〜。あとで橋から突き
落としたる!と思ったもんだよ。

カウンターでチェックインを済ませると、親切に「ツアーは3時間
くらいになるから、トイレに行っておいたほうがいいよ〜」と
言われる。

は〜い。行っとこ・・・。

で、待合室に遠されて、アンケート用紙みたいのに体調やら
ナニモノやらを書き込みつつ、
準備係さんにアレコレ説明を受ける。
まずアクセサリー類は全部はずすように。
腕時計も、ポケットになにかをいれておくのもだめ。
橋の下には普通に車が通っているので、落下防止のために、
なにも持っていってはいけないのだ。
だから、自分で写真も撮れない。
すっごくいっぱい写真を撮りたいポイントがあったので、
これはかなり残念・・・。
あ、そうそう、アルコールチェックもされる。

次に着替え室に。みんな、ジャンプスーツというかつなぎ?
みたいのを着るのだ。
ペンギンの行進もしくはドラえもんがいっぱい・・・。
この時に、一緒に登る人たちと自己紹介。こういうのはニガテ〜。
同じツアーには今日がビッグOの誕生日だという、50歳を迎えた
おじさんとその家族(カナダかららしい)や兄弟、恋人等、
シドニーから参加はワタシ達だけだった。

そのあとで空港にある金属探知機を通り、一緒に登る
インストラクターと会う。
毎回参加者の名前を全部覚えるらしいから大変だ。
ワタシの名前はオージーにも覚えやすいので、なんだか連呼された。
登る時には手すりと自分をワイヤーでつなぐんだけど、その装着の
仕方もワタクシ、モデルに選ばれて、インストラクターがやって
くれたので、自分でしなくて済んじゃった。らっきー。

いたれりつくせりで、寒くないように帽子やビーニーやフリースの
ジャケットなんかも貸してくれる。
ハンカチまで。で、こういう小物も全部、落下防止のため、
ジャンプスーツにキーリングで留めておく。

ワタシの耳は冷たい風に長時間さらされると頭痛が始まってしまう
ので、みんなはキャップを選んでたけど、
ワタシひとり、耳がかくれるビーニー。プリズンブレイク状態です。

ワイヤーもジョイント部分が特殊なローラーになっていて、障害物が
あってもちゃんとスルーできるようになっているので、これのさばき
方をまた練習。それがすんだら登り方のシュミレーションと、
登るまでの準備がけっこう大変。

で、いよいよ、本番! ・・・ちょっと恥ずかしいのは、その
ドラえもんコスチュームで、一般の公道に出なくちゃいけないのだ。
道行くひとは、やっぱり、じろじろみてました。あは。

誕生日のおじさんはインストラクターのすぐ後ろについて、
ワタシとS氏は一番後ろ。
さあ、出発。

最初、アーチ部分に行くまでがけっこう大変で、しかも一気に
登らせられたので、かなりしんどかった。
はあはあいうのがなかなか治まらず、ちょっとこのままブラック
アウトしそうになった。
最後の方にいてよかった。けっこう長いことインストラクターが
シドニー湾のこととか話していたので、その間に回復。
は〜やれやれ。

この、アーチ部分にくるまでがちょっとスリル。
はしご状のところを4、5回登ったのかな。その一段一段が
すごくせまいし、足元を気をつけてみていると、下が海だったり
道路で車がびゅんびゅん走ってるのが見えたり。
ふと思い出したんだけど、S氏は高いとこ苦手だったんじゃ・・・。
すごく怖くなったら後ろからワタシのスーツをひっぱってねと
言ってはおいたんだけど、ここを登る時は、ひとりひとりなんだよね。完全に一人が登りきったら、次の人がスタート。
なので、周りには一瞬誰もいなくなるし、それがけっこう
怖かったかな。
ちなみにワタシは、高いところは全然大丈夫。むしろ好き。

ワタシがゼーゼー息を切らしてるところにようやくS氏も追いつく。
追いついた途端、ワタシのスーツをガンガンにひっぱるし。
かなり怖かったようだ(笑)。
そこからはゆるやかなアーチに沿って登っていくだけなので、快適。
天気はパーフェクト!寒くもなし!

インストラクターが頂上や橋のあちこちで写真を撮ってくれます。
(あとで金出して買うんだけどね)。
か、堪忍してくださいっ。うつりがよかったら素顔さらしても
いいかな〜と思ったんだけど、真正面に太陽があって、どれも
すっごい顔してるのよ。ガンとばしてるっつーか。S氏の顔と
風景だけ、お楽しみください。

徒ハーバーブリッジuntitled.bmp

posted by な〜お at 19:01| Comment(0) | シドニーの名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

ハーバーブリッジ

引き続き…
ハーバーブリッジの展望台に到着exclamation×2

徒7-7untitled.bmp

橋ができるまでの当時のイロイロなインフォメーションが置いてあります。
むっ? 生首・・・。と思ったらS氏。
徒7-8untitled.bmp

ちょっと面白い記事発見。
徒7-9untitled.bmp


マジで?!
さあ! 頑張って読んでみましょー!
徒7-10untitled.bmp

歴史の浅いオーストラリアには、こういった街が作られていく過程の写真がまだ沢山残ってます。
けっこうこういうの見るの好きなんだ〜。
写真の右側に注目。まだオペラハウスの土台しかできてないんだよ、この当時。
徒7-11untitled.bmp

一歩外に出てみると、こんな感じで狭いです。
徒7-12untitled.bmp

向かい側の柱。こっちは空洞みたいだったな。
徒7-13untitled.bmp

展望台から見たハーバーブリッジ
この時は2グループ登ってるのも見えたよ。
徒7-14untitled.bmp

反対のシティ側。毎朝仕事に行くのに通ってました。
徒7-15untitled.bmp

海にもハーバーブリッジ
徒7-16untitled.bmp

降りる途中、ホームシアターが。
徒7-17untitled.bmp

ハーバーブリッジの工事中の写真をスライドで
見れます。そういえば、クロコダイル・ダンディで一躍有名になった
ポール・ホーガンも、もともとはハーバーブリッジの清掃員だったんだよね。
徒7-18untitled.bmp












posted by な〜お at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニーの名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

ハーバーブリッジ

この季節
毎日日本は暑いですよね。
反対に、シドニーのこの時期は寒〜〜〜い冬!!
お家にこもりがちになりますが、天気の良い週末には、
思い切って外に出てみることに。

今、シドニーで人気の観光レジャースポットといえば、
ハーバーブリッジクライム
ワタシも登ったことありますよー。
気分爽快!!でした。

その時にもらったタダ券があるので、今日はパイロン展望台
行ってみることに。

これは古くからある観光場所で、ハーバーブリッジの、シティ側の
柱の中を登るんです。
シドニーに来てまだ間もない頃に一度行ったきり。

まずは無謀にもセントラル駅近くに車を停める。ここからハーバーブリッジまで、
かなりあります。
天気が良かったので、チャイナタウンにあるマーケットで
安いサングラスを購入。

それからテクテクとダーリングハーバーを歩きつつ、
いつのまにか出来ていた秘密の小道っぽい通用路を探検しつつ、
ハーバーブリッジ到着。この時点でかなり疲れてますっ。
徒7-1untitled.bmp

この右側の柱の中に入れるます。下まで行くと、入り口があります。
ガイドを務めていただきますのは、パートナーのS氏。
ケツを突き出すなっ。
徒7-2untitled.bmp


途中、トイレ休憩の場所が。そこからも外が見えます。



通常だと、オトナ9ドルですと? たっか〜。まあブリッジ・クライム
比べたら格段に安いんだけどさ、前に来た時はたしか
この半額くらいだった気が・・・。

中の受け付けに行くまでにも、けっこう階段を上ります。ゼーハー。
ところどころに、工事中だった頃の写真や、こんな現場の人たちを模した人形が。
徒7-3untitled.bmp
徒7-4untitled.bmp

途中、トイレ休憩の場所が。そこからも外が見えます。
徒7-5untitled.bmp

徒7-6untitled.bmp

ようやく展望台にとうちゃ〜〜く!!ダッシュ(走り出すさま)

続きは次のブログで…


タグ:シドニー
posted by な〜お at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | シドニーの名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。