2009年12月20日

夏のクリスマスがやってくる!

なんだか、年々クリスマスコールが
早まっている気がするシドニー
今年はもう10月に入ったくらいから
もうショッピングセンターやら
いろんなお店にクリスマスコーナーが出現!
早すぎでしょっ(笑)

年賀状という習慣がないので、11月頃から
少しずつクリスマス&新年の挨拶込みカード
を送り出します。

そして、短期リースで、空いている店舗を利用した
クリスマスショップも
この時期ボコボコと出現します(^_^;)

このテのお店、入ってみたいな〜と思いつつも
なかなか入る機会がなかったのですが、
今回初めて行ってみました!

一カ所目は、クリスマス時期だけの即席ショップ。
かなり広い店舗の中は、ライトアップグッズやら
オーナメントやらで溢れかえってました!
残念ながら、ちょっとカメラを取り出せない雰囲気だったので
写真が撮れませんでしたけども・・・。

こちらはもう雰囲気からして、格安!今がお買い得!
まとめて買ってけぇ〜!オーラ。
オーラというよりすでに、光線と言ったほうが早いかも。
店員さんも、はっぴにはちまきのほうが似合いそうな感じ。
そうそう、ここのお店の前で呼び込みやってたサンタは、
真っ赤なアロハシャツに赤い帽子に白いおひげでしたよ(笑)

少し前まで、クリスマスにはちゃんと生の木の
クリスマスツリーを八百屋で(笑)
買っていたのですが、お猫様を飼うようになってからさ、やめてます。
土掘っちゃうからね・・・(-_-)

今年ワタシが買ったのは、グレーのフェルト生地で出来た
ちっさい組み立て式のツリー。
なので、かなり小さめのオーナメントを探さなくちゃいけないのだ〜〜。

とりあえず、こういうものの相場がわからないので、
安いのかも?というあたりの丸いシルバーの
オーナメントとブリキを切り抜いた
“MerryChritmas”っていうドアノブにひっかけておくのを
買ってみた。

それから、もう一軒。
以前からものすごく気になっていた、
老舗のクリスマスショップ。
ここはもう、年がら年中、ずっとクリスマス
お店。

外から見た感じ、狭いと思っていた店内は意外に広くて
しかもこちらは、“趣味のいい”クリスマス
飾りが沢山!!

木で出来たオーナメントや、手作り感溢れるものは、
こちらのお店の方が多かったです。
ちょっとアンティークっぽい作りのものも多くて、
ワタシのツボにハマりまくり。
店内を歩いているだけど、顔がほっこり笑顔に
なるようなお店でした。

店内では、携帯でちょっと写真を撮ってみただけなので
わかりづらいな〜・・・。

DSC00133.JPG

DSC00134.JPG

あの素晴らしい雰囲気が伝えられなくて、とっても残念です・・・(T_T)

店員さんの応対も素晴らしかった!!
クリスマス前にもう一度行ってみちゃうかも・・・。

ここでは、S氏が知らない間に小さな小さな
デコレーションラ イトを探してくれていて
また3種類くらいちょこちょこと買い込んでしまった(^_^)

幸せ気分に浸って、お家に帰ったら早速ディスプレイ開始!!

高さ20センチくらいの、本当に小さなツリーなので、
付けるのが大変・・・。

でもって完成したのがコレ!

クリスマスツリー.jpg

あれ?
写真でみたら、あんま可愛くない・・・?


みなさんのお家では、どんなクリスマス
飾り付けがありますか?
posted by な〜お at 12:43| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

チョット違う・・・

ニュータウンのお隣にあるグリーブ。
ここもカフェや雑貨屋さんが多くある街で、
毎週土曜日にマーケットがあることでも有名です。
今回はまあ、夕方までの時間潰しのために行ったので
海岸近くのお散歩コースでマイナスイオン吸収してみました(^_^)

グリーブ散策1.jpg

公園の中にあるパームツリーを眺めた後は、
森林浴〜〜♪

グリーブ散策2.jpg

シティからほんのちょっと離れただけで
これだけの自然と触れ合えるっていうのは
オーストラリアならでは!

マーケットは、近くの学校の敷地内で開催されるとかで、
始まるまでの時間はもう、芝生でゴロゴロしてました。

そして夕方4時。
そのマーケットに行ってみると・・・。

学園祭1.jpg

あれ・・・?

なんだか、

学園祭3.jpg

ものすごくガラーーーンとしてる・・・。

グリーブの大通りに垂れ幕まであって、入場料まで取る
マーケットだったのですが、これはいわば、学園祭みたいな???

ガールズスクールなのかな? 女の子ばっかし。

学園祭2.jpg

しかも、「ナイトヌードルマーケット」というタイトルが
付いてたのですが、そのヌードルのお店は、
3つのテントのみで、しかもすでにタッパに入ってるものを
売るだけ。

でもって高い!!!

お腹が空いてたので、ついつい買ってしまいましたが。

はるまき.jpg

野菜(人参とレタスとミントリーフ)のみの生春巻きが8ドル!!
てことは、1本4ドルかよ〜〜!

これはサテーチキン。

さてーちきん.jpg

で、ヌードルはパドタイとシンガポールヌードルだけ。
パドタイ買ってみました。

パドタイ.jpg

これらを二人でシェアして食べたのですが、
お金使ったわりにはお腹が膨れない・・・。

う〜ん、これは・・・完全に期待ハズレでしたね(^_^;)

ステージでは、まずアボリジニの少女達のダンスが。
なかなか素敵でした♪

あぼ.jpg

そして、シドニーでは有名な、TAIKOZという
和太鼓のパフォーマンスで有名なグループの演奏が。

みんな二の腕かっちょええ〜〜!!

たいこず1.jpg

女性も勇ましくて素敵でした!

たいこず2.jpg

腹筋エクササイズみたいなパフォームもあり
みんななんであんなにイイ体なのか納得!

たいこず3.jpg

とりあえず、このステージが見れただけでも
ヨシとしましょうか(笑)
タグ:シドニー
posted by な〜お at 10:31| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

初夏のニュータウン散策 その1

日本は今頃、秋満喫って時期でしょうか?

シドニーはようやく夏らしくなってきました。

とはいえ、ここ数年のシドニーの天気はヘン!
30度超えの暑い日が来たと思ったら、翌日は
20度くらいまで下がったりと、
暑さと寒さを行ったり来たり。

なので年中クローゼットの中は、夏物と冬物が並んでます・・・。

しかも、週末に天気が崩れることが多いので、たまに青空が広がる
週末がくると、外に出かけずにはいられませんっ♪

ってことで、今回はワタシの大好きなニュータウンを
散策してきました(^_^)

ヒッピータウン、学生の街、アーティストの街と
色んな顔のあるニュータウンですが、
アジア系の雑貨屋さんやアンティークショップも多く、
ワタシにもS氏にもツボな街です。

中古家具屋.jpg

手前の椅子、お庭用に欲しいなぁ〜♪

今回は、よくタイでみかける、細長〜いマット式のクッションを
探すのが目的。

S氏は、腰痛が持病で、長い時間ソファに座っていられないほど。
なので、リビングにいる時は、もっぱら床にゴロゴロしてるのですが
背中が痛い・・・というのでね。

まあ、見つけられなかったら、自分で作ってもいいかな〜と、
以前から気になっていたインド雑貨店に、まず突入!
このお店は食材を主に扱ってるようだったけど、
インド綿とかの布類も置いてあるのが、外から見えてたのよ。

インド店1.jpg

店内はもう、色んなスパイスの匂いでいっぱい!!
見た事も聞いた事もないような香辛料や豆やら乾燥食材やらが
ところ狭しと置いてありました。
インド店2.jpg

これは、インスタントのカレーソース類かな。
なんか試しに買って行こうということで、
インド風のハンバーグ用スパイスミックスソースを
購入。
作ったら、写真アップしますね〜♪

あれ?! これは!!!

インド店ゴーヤ.jpg

冷凍庫の中で、ゴーヤ発見!!
インドの人はどうやって食べるんだろ?
やっぱカレーに入れるのかな?

染料のヘンナも売ってました。
入ってる布バッグも味が合って可愛い〜。
インド店ヘンナ.jpg

これは・・・売り物ぢゃないですねっ(^_^;)
ショーウィンドウの中で熟睡中の看板猫。
ウチのゆずちぃに似てるかも。
インド店猫.jpg

ニュータウンにはエスニックなお店も多くて、
次に見たのはトルコ雑貨のお店。
タイルやカーペット、キリム、食器やランプなどで
店内は埋め尽くされてるのですが、お店の一番奥に行って
またまたビックリ!

なんでしょう? この異空間・・・。
トルコ雑貨屋2.jpg

お店の人に聞いたら、ここはカフェになってて
水パイプや、お茶やケーキが楽しめるんですって。
トルコ雑貨屋.jpg

完全にここ、シドニーってこと忘れそうです・・・。
トルコ雑貨屋3.jpg

トルコ雑貨屋4.jpg

トルコ雑貨屋5.jpg

まだちっともお目当てのモノを探してませんけどもっ。
次回に続きます・・・。

おまけ
ラクガキ.jpg

こういう落書きも、ニュータウンには多くて
中にはすごくアーティスティックなものもあるんだけど
基本、あまりワタシは好きぢゃないな〜〜。
バスキアくらいのグラフィックアートならいいけども。




タグ:シドニー
posted by な〜お at 09:06| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

部屋からお花見

サンルームからバッチリお花見ですかわいい
花見1untitled.bmp

で、「お花見宴会を催します」とワタシが言ったため、
急遽サンルームの模様替えを始めたS氏。
あ、寝起きで頭ボサボサ。
こっちは壁側。アジアンチックなのはS氏のテイスト。
花見2untitled.bmp

窓側はこんな感じ。
ダイニング用のテーブルと椅子、すべて粗大ゴミからの
拾い物です(^_^;)
それをS氏が修理したのよ。
花見3untitled.bmp

ちなみにウチにある家具はほとんどすべてS氏作。
キャビネット2個とスツール2脚だけかな、買った家具は。
あとPC用の椅子と、写真のつい立てくらいかな〜。

赤いカーテンの向こう側は、ランドリールーム。
こっちって洗濯場所を、とにかく家の中で一番不要な場所!って
ところに造るのよねぇ。
花見4untitled.bmp

で、宴会ったって、ふたりでチョット豪華な夕食を
とるだけなんだけどねっ。

メニューは
http://sydney-gohan.seesaa.net/
チェックしてみてね。
タグ:シドニー
posted by な〜お at 19:36| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

10月のシドニーはイベント盛り沢山!

10月になるとサマータイムが始まるシドニー
ですが・・・。

サマータイムですよ、サマータイム!
夏!時間なはず・・・なのですが、
「スプリング・フェスティバル」が
あちこちで催されてます(^_^;)

今年初の試みらしく、一番規模が大きいもので、
「ブレックファースト オンザ ハーバーブリッジ」というのがありました。

これは、ハーバーブリッジを完全封鎖し、
芝生を敷き詰め、牛やら羊やらまで放牧し、
その上で朝食ピクニックをやっちまいましょう!という
オージーならでは(?)のイベント。

参加者は、何週間も前にネットで応募し、
抽選で6000人だけが参加資格を得られる・・・ということで
ワタシもS氏も、応募してたんですが、見事ハズれました(T_T)
なんでも、19万人の応募があったらしいです。

とはいえ、大盛況だったらしいので、毎年恒例になるとか。
来年は頑張って抽選に当たりたいもんです!!

で、悔しいので、ワタシ達は同じ日に、Waterlooという地区にある
Danks street Festivalというのを見に行ってきたのですが・・・。

だんくすふぇす.jpg

抽選に外れた悔しさで、「雨になれ〜〜〜」なんて
呪いをかけた罰が当たったのか、ピクニックの時間帯は
曇りこそあれ、雨は降ら なかったのに
ワタシ達が出かけた頃に土砂降り!
日本で言うゲリラ雨?みたいな、容赦ない雨に
ぶつかってしまいました (>_<)

この通りは、最近賑やかになってきた、新しい地区の一画で、
このフェスティバルより前に散歩したこともあるので、
ストリートインフォメーションはまた後日載せたいと思います(^_^)

最初は、曇ってはいるものの、雨は降ってなくて、
ジャカランダが奇麗〜〜なんて余裕持ちつつ歩いてました。

だんくす1.jpg

通りの両端にはステージがあり、
一方ではDJが。
DJ.jpg

もう一方では、多分コンサートが予定されてたんだろうけど、
雨を心配してか、がらーーーんとしてましたねぇ。
中止になっちゃったんでしょうか??
ステージ.jpg

ギャラリーやクラフトショップが多い地区なので、
出店も、デザイナーさんのハンドメイドクラフトとかが
多かったです。

キルトや、木の片面をタイル加工し、そこに絵を描いたものや
アクセサリーや手芸品などなど。
出店.jpg

大きな家具屋さんの駐車場では、
アートクラフトマーケットというのもあり、
雨のせいか大混雑でした。
写真撮り忘れたっ(^_^;)

ペンタッチパネルのデモンストレーションと
セールスのブース。
これ今欲しいんだよね・・・。
ペンパネル.jpg

他にも、このストリートはカフェが多いんですけど
他のマーケットで見るよりも、お洒落系な食べ物が多かったです。
だって、珍しく、タイのお店とかないんだものっ。
アジア系では唯一、飲茶セットみたいなのがあっただけかな。

最近、シドニーでは奇麗で可愛い
カップケーキ屋さんが大人気で
いたるところにお店があるのですが、
ここにもありました!
かっぷけーき.jpg

一番上にある小さいのを購入。
アプリコット味でした。

写真を撮ってたら、オレ達も撮ってくれ〜と
ノリのいいお店のおじさん。
反対側で接客していたスタッフまで呼んで
記念にパチリ☆
ケーキ屋さん.jpg

ケーキも美味しかったです♪
下のスポンジがふわっふわで、
もう一度食べたいな〜・・・。

可哀想だったのは、ジェラートやビールを売ってるお店。
かなり気温が低めだったので、閑古鳥・・・。

ビール.jpg

ま、それでも飲むヒトもいますけどね!

そうこうしているうちに、雨脚がかなり強くなってきたので
退散することに!

駐車場所まで行く途中にはもう、ゲリラ雨と化していたので
親切な家具屋さんの軒先で、世間話しながら雨宿りさせて
もらいました。
雨.jpg

このあと、もう水が氾濫して、道路が川状態でしたよ・・・(-_-)

初の試みがこんな豪雨ってのは、可哀想だけど、
来年あればまた行ってみたいと思います。

途中、違う場所でも雨宿りしてみたんだけど、
コンサート会場か?!というくらいに賑やかあったその場所は、
ジーザスハウスとかいう建物。

で、ノリノリで聖書のお話とかする場所らしかったです。
よく映画とかで、アメリカのブラック系教会でやってるような感じ?

なんかワタシ達はいちゃあいけないような気がして、即効退散しま
したけども。

この日は、夜になっても豪雨が続いていて、シドニーは一気に冬のような気温に。

今年の夏は冷夏なんでしょうかねぇ・・・?





posted by な〜お at 20:15| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

お引っ越し

前の日記にもチラっと書きましたが、
8月末に引っ越しをしました。

とにかくもう、隣のアル中男が毎日のように騒ぐので
S氏と二人揃って、毎日寝不足・・・(-_-+)
しかも、一体何人で住んでるの?というくらい、
同じくお酒大好きな人達のたまり場のようになってきて
ちょっと安全面で不安がつのってきてたこともあり、
引っ越すことに。

かな〜〜り我慢してたんですけどねっ。
もう限界でした・・・。

ということで、ちょうどいい機会(?)なので、
シドニーでのお引っ越し事情の話をば。

オーナーさんや不動産側から、テナントに引っ越して貰いたい時は
引っ越し日の4週間前に勧告することが義務づけられてます。

今回のワタシ達のように、自分達で引っ越しを決めた場合は、
2週間前に不動産屋に知らせます。

電気やガス、電話等は大抵の場合、自分で連絡。
たま〜〜に、不動産屋の方でする場合もあるようですが、
そういうのはいたって稀なケースですね。

で、日本だと大体、1年契約が普通なのかな?
こちらは6ヶ月契約が基本で、もし6ヶ月過ぎても
同じ場所に住む場合あらたに契約料が発生したりはしません。
ただ、この6ヶ月未満で、テナント側の都合で引っ越しする
場合には違約金を払わないといけなくなります。

それと、日本での敷金にあたるのが、BONDと呼ばれるもので、
これは物件によって、2週間分だったり、1ヶ月分だったりします。
礼金と呼ばれるものはこちらにはないですねぇ、有り難いことに。

しかも、出る時も、問題なければそのまんま返ってきます。

日本は変!
カーペットでも畳でも、「家具の跡がついた」とかでほとんど
返ってこないパターンの方が多いですよね?
どうやったら跡もつけずに家具を置くのか聞きたいくらいですわ(-_-)

あと、一番有り難いな〜と思うのが、賃貸で住んでいる場合、
水道代というのはテナントではなく、オーナーが払います。
なので、貸家に住んでるかぎり、水道代がかかることはないのですよ!

でも、あまり使いすぎて高額になると、オーナーさんからチクリと
言われますけどもっ。

引っ越しは、日本のような、すべておまかせでやってくれる業者も
ありますが高いので、自分達でやりまっす!

荷物を詰めるための段ボール箱は、どっかのお店に行って
貰ってくることもありますが、レンタル倉庫屋さんなどで、
かなり格安に購入することもでき、しかもボロボロに
壊れてないかぎり、使用後にまたそれを同じ会社が買い取って
くれるところもあるので、購入した際の半額くらいは
返ってくることになります。
今回、ワタシ達もそれを利用しました♪

もうこのボウリングが出来そうな廊下ともお別れです・・・。

住んでた家自体は、古い倉庫を改造したところだったので
天井がべらぼーに高く、間取りも広いので快適だったのだけど
ねぇ・・・。

ろうか.jpg

廊下やキッチンに天窓もついてたので、昼間はまったく電気を
つけずにすむくらい明るかったし。

で、今度は引っ越す時ですが、普通、不動産屋は
次のテナントが入る前までに、
ちゃんと業者を使って、掃除やら修繕やらを
しておくことが義務づけられてます。

・・・が、

そんな物件にあたったことがないから不思議(-_-)
いつも、まず最初の1週間は掃除で潰れますからねっ。

今回も案の定・・・。
いや、1週間ぢゃあ終わりませんでした。
格安だったので飛びついたけど、そのボロさと言ったらもう閉口も
んでしたよ。

いまだになんだかんだと修理してます(^_^;)

一応、野生のカンがあったのか、
引っ越し準備中はウチのゆずさんがずっと情緒不安定でした。
置いていかれると思ったのかしらね?

しまいには、「忘れずに持っていってよ」と言わんばかりに
荷物の上で寝起きしてたし。

ひっこし.jpg

今のお家は、裏庭がかなり広いので
今では毎日、元気いっぱい遊びまくってます。

・・・帰ってこなくなるくらいねっ(怒)
タグ:シドニー
posted by な〜お at 20:31| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

17年ぶりの砂嵐@シドニー

随分ご無沙汰してしまいました・・・(-_-;)


ここ数ヶ月、ちょっと大きな仕事が入ったり、
急に引っ越しが決まったり、ヘタの横好きでJAZZシンガーなんぞも
やってたりするんですが、ソッチもちょっとライブの回数が増えたり
しちゃってまして、ブログの更新も止まってました。


その間にも、一応、ネタ集めはしてたんですけどねっ(^_^;)


今日からまた、少しずつアップしていきたいと思います。


ここ数ヶ月を振り返って、一番最初に思い出したのが、
まずコレ!


10月末だったんですけど、シドニー
17年ぶりの砂嵐とかで
朝起きたらもう、外がオレンジ色!!


カーテン越しの光がすでにものすごくオレンジ色だったのだけど
朝焼けかな〜とか、窓のすぐ外にある街灯がいつもかなり強烈な
オレンジ色なのでこんな時間までつけっぱなしなのかな〜
くらいにしか思ってませんでした。

砂嵐untitled.bmp

まるで、サングラス越しに見る皆既日食みたいに、
太陽が真っ白にしか見えない・・・。
最近、変な天気が続いていたシドニーではあるんだけど
今日はその集大成?

思わず写真を撮りに外に出てみたら、数分いただけで喉と
鼻がイガイガっ。

朝、仕事から帰ってきたS氏は、砂漠の民みたくなってたし(笑)
ずっと外の仕事だからねい・・・。

写真は朝8時頃のもので、
全然修正もしていなければ
フィルターも使ってない。
S氏の話によれば、6時頃はもっともっと、
赤に近いくらいだったそうな。

砂嵐2untitled.bmp

砂嵐3untitled.bmp

車の屋根にも砂が降り積もってるし、
すきま風だらけのこちらの住居・・・。
すでに窓の近くやドアの近くは、歩いただけでジャリジャリ。

砂嵐4untitled.bmp

それにつけても
朝からアタマの中で工藤静香がグルグルしてるワタシって
やっぱ昭和のオンナよねぇ(笑)

仮にもジャズシンガーだったら、ほら!
ピッタシの曲が!!

♪ I was walking alone ♪ minding my business when out of orange coloured sky〜♪

ってね♪
楽しくって、お茶目で、大好きな曲。
ライブでも必ず歌っちゃうのですが。

日本でもニュースで流れたそうで、数人の日本の友人から
「大丈夫?」というメールが届きました。


もっと赤い時の写真は、こちらをご覧あれ〜〜。
http://news.eaozora.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=869

夕方、ゆずちんがやけに茶色っぽい・・・と思ったので、
濡れタオルで体を拭いてみた。

タオルがまッ茶ッ茶!!!
おまけに家の中も、床や棚の上やら、ちょっと拭いただけで、
赤い砂だらけ!!

せっかく引っ越し後の掃除が終わったばかりだというのに、
またいちからやり直すハメになったんでした(T_T)

タグ:シドニー
posted by な〜お at 13:27| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

シドニーの冬〜つづき〜

スケートリンク.jpg
↑↑↑
コレが仮設スケートリンク。
雨のせいで水しぶきあがってましたけど、
これ、事前にチケットを予約購入した人だけが
滑れるみたいで、しかも最終日までソールドアウト。
キャンセル待ちのウエイティングリストも予約で
いっぱいらしい。
となれば、どんな天気でもチケットのある人は
滑らないわけにはいかないでしょうっ。

カテドラルとスケートリンク.jpg

でも、やはり顔立ちとか、雪国の方が
多いような気がしたな〜。

あまり冬遊びに慣れてないシドニー市民には
考えられないことだけど、けっこう雪国育ちって
冬の天候が悪いのは当たり前で、あまり気にしないで
出かけたり遊んだりって、平気な気がするな〜。
かくいうワタシも雪国育ちです♪

チケットは、リンク入場料が15ドルで
貸し靴代5ドルの合計20ドルだそう。
けっこうなお値段だよね・・・。
スケート靴.jpg
どんどん雨がひどくなってきたので
ワタシ達もちょっと一服しつつ、
テントで一休みすることに。

会場内で買い物する時には、実際にお金を
やりとりはせず、係員からスノーフレイクコインを
購入し、それで払います。ネーミングが可愛いね♪
1枚1ドルで、見た目はカジノのコインみたいなやつ。

スイスの山小屋風のカフェが可愛い造りでした♪
かふぇ.jpg

見てよ、この雨・・・。
雨.jpg

あまりの雨っぷりに、もうジーンズもずぶ濡れ。
仮設テントの休憩所で、
ラテと最近シドニーで流行っている
可愛らしいカップケーキを
頂いてみました。
カップケーキ.jpg

ホワイトチョコレートのデコレーションで
下はダークチョコレートのスポンジケーキ。
激ウマでしたっ!

テントを伝う雨の量もハンパぢゃないです。
滝雨.jpg

そうそう、せっかくスノーウィマウンテンから
運んで来たとかいう雪ですけど、
会場内のモミの木(?)の鉢に飾られてました。
でも・・・雨でほとんどかき氷状態な見た目に。
雪.jpg

でも、滴越しのカテドラルもなかなか素敵♪
お城みたいに見えました。
滴とカテドラル.jpg

少し小振りになってきたので、会場の少し
外れに設置してある移動動物園を見に。
動物.jpg

みんな寒そうに、体を寄せ合ってましたよ(笑)

ついでに、久しぶりにカテドラルも覗いていくことに。
と、正面の階段を上ったところで、虹が出ているのを
発見!

虹とテント.jpg

右側に、ほんの少しだけ見えていたのに、
短時間でどんどん長くなっていきました。
なんかイイコトあるかな〜?
虹.jpg



タグ:シドニー
posted by な〜お at 07:32| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

シドニーの冬

今年の冬は
しょっぱなから雨ばかりのシドニー
こういう時はやっぱりお家にこもりがち。
せっかくの週末もただDVD観たりして、
ダラダラ過ごすのが多いような気が・・・。

そんなシドニー市民を活性化するべく(?)
なんとなく、今年の冬は屋外イベントが多い。
この間のライトアップイベントもそうだし、
「今年初!」てのが特にね。

Sydney Winter Festival もそのひとつ。
18日から21日までの、たった4日間という
期間限定お試しイベントみたいな感じでしたが
わざわざスノーウィマウンテンから雪を運んで来た
とかいう話や、カテドラルの前に特設スケートリンク
を作ったという話を聞いて、悪天候の中わざわざ
見に行ってみました。

ウィンフェス.jpg

場所はシティの中心地、大聖堂(カテドラル)正面の
広場。家を出る時には、少し青空も見えていたのに
シティに着いた途端、雨・・・。
冬気分、盛り上げてくれますわぁ〜。

全体.jpg

会場内には、雪国のイメージが強い国の
さまざまなフードテントが。
日本のお店もあって、うどんとか売ってましたね(笑)。
あとはスイスとか、チェコとか。

敷地内.jpg

これはプレッツェル。
焼きたてのは美味しいよね〜。

プレッツェル.jpg

雪国ではないけど、スパニッシュレストランでは
サングリアやパエリアが。
パエリア.jpg     
                    〜つづく〜
posted by な〜お at 14:51| Comment(1) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

オーストラリアで日本酒!

案外、オーストラリアのお米って悪くないんですよ。
慣れてしまうと、日本のお米はなんだか重い気がするくらい。
まあ、もとは日本のお米を改良したものらしいですけど。


でもって、お米があるのだから、
ここオーストラリアで誕生した日本酒というものもあるワケなのですぅ♪


日本のお酒だから日本酒
オーストラリアのお酒なら、やはり名前は豪酒です(笑)


日本の清酒会社が着手したのですが
これがなかなかの人気。


最近になって日本酒に目覚めたS氏が
前から行きたいと言っていた、ペンリスにある豪酒のヴィジターセンターへ
出かけてきました〜。

日本酒1.bmp

平日の昼間ということもあって、お客さんはワタシ達だけ。
たまたま在庫のチェックに出勤していたというマネージャーさん?直々に
説明&案内をしていただくことに。

最初にお酒ができるまでのビデオなんぞ見つつ、
このマネージャーAさんと
しきりに話し込むS氏。

ワタシは実は、子供の頃家の向かいが造り酒屋のでかい旧家で
同い年の子供がいたこともあり、よくその工場が遊び場に
なってたなんてこともあり
お酒の工程はもはや聞かなくても見知っていたりする。
なので、やたら工場の匂いが懐かしかったな〜。
ウチの母親が北海道出身ということもあって、
酒糠を使った料理なんかもよく
作る人だったので、よく酒糠をもらったりしてたし。

で、色々説明してくれた後、
(Aさん、とっても話好き?いや親切なんだろう)
いよいよ試飲。
日本酒2.bmp

市販されているものをいくつかと、最後にお店では
売れないという生絞りの原酒も。
一口飲んで、あ!!!これは!!
やっぱりその昔、向かいの家でもらったお酒の味に似ている!
ものすごい辛口で芳醇なのよ、これが。
ワタシは辛口の日本酒が好きなのだけれど、この昔飲んだ
味ほどに辛口なのに
なかなか出会えなかったのだけど、それは無理もないことらしい。
その時の出来具合でアルコールの度数も変わるし、味も変わってくるので、
このままの状態では市販できないものなんだとか。
これはもう、蔵元でしか味わえないものなんでしょうね。
なんだかすごく得した気分!

でもって、このオーストラリアでも、造り酒屋といえば、杉玉でしょう!!
ちゃんと工場の隅にありました〜〜〜。

日本酒3.bmp

知ってます? 杉玉。
知らない方のために一口メモ。

大体、造り酒屋の前には杉玉が吊るされてますよね。
逆に、何屋さんかわからなくても、杉玉があると、「ああ、ここは造り酒屋か」
という目印にも。

杉の葉はお酒の保存に良いとか、腐敗を防ぐとか言われているので
ゲンかつぎ的な意味もあるのでしょうが、大体が、杉の若葉の時期が、
新酒の時期と重なるらしいです。
なので、造り酒屋の軒先にある杉玉が、まだ青々しい緑だったなら、
「新酒はじまりました」という意味で、徐々にその杉玉が茶色になっていく
様は、そのままその歳の日本酒の熟成具合を見るということになるらしいです。

・・・あ〜うろおぼえなんでぇ、間違ってるかもしれませぇん

工場の見学も、普通ならあまり案内しないようなところも見せてもらえて
楽しかったっす♪

日本酒4.bmp

あちこち、やっぱり子供の頃を思い出しては、ひとりで思い出にひたっちゃいましたね。
今ではその造り酒屋さんもなくなって、スーパーマーケットになってたり、
ワタシ達もその時住んでいた家を手放したりしてしまっているので、
気持ちだけがなんだかタイムワープしてしまった気分で、なんかひとりで
ぼーっとしてました(笑)

最後は、すっかり洗脳(笑)されたS氏が、買い込む買い込む。
なんだかんだと8本+350mlのお酒のカクテルを6本、2合とっくりまで買ってましたね。


今回の戦利品を、並べてみた(笑)。

日本酒5.bmp
さ、これで今年の冬はコタツで熱燗です♪



日本へのお土産も、最近は豪酒にすることが多いワタシ。
田舎だし、ワインよりも飲み慣れている日本酒で、しかもオーストラリア産
というと、皆さんけっこう驚かれたり重宝がられたり。
是非一度、試してみてください。


posted by な〜お at 20:38| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

林檎狩りと栗拾いもハズせません!

愛でる秋から、味覚の秋へ♪
林檎狩りと栗拾いも欠かせない私のシドニーでの
秋の行事です。


最初は林檎狩り。
数年前から、林檎といえばFUJI!とハマっている
S氏。
今回も、他の林檎には目もくれず、ひたすら富士林檎
だけ穫ってました。
ていうか、ピッキングに行くと、収穫よりも食べるのに
忙しい男・・・(-_-)

秋1.bmp

30分くらいで、こんだけ収穫しました〜♪
秋2.bmp

お次は栗拾い。
秋3.bmp

例の、紅葉の公園からすぐのところに
あります。
いくつか栗拾いをさせてくれるファームが
あるのだけど、ウチは毎年同じところに
行きます。
そこの老夫婦が、ものすごく優しい方なのよ〜。
で、毎年行ってるんで、顔覚えられちゃってるし♪
秋4.bmp

今でこそ栗大好きなS氏ですけど
ワタシと一緒にいるようになってから、
初めて食べたそうな。
スーパーでも売ってるんだけど・ヒ。
あまり買ってまでは食べないのか??
感謝して欲しいね〜〜楽しいでしょ〜?
秋5.bmp

バケツ2杯分、ガッツリ拾いました♪
少しクルミも拾えたよ。


最後に、重さを量ってお金を払います。
この時は1キロ6ドルくらい。
おばちゃんと、皮むきの大変さについて
語り合ったり、くり料理のレシピを教えてもらったり。
今年は変な天候だったせいもあって、あまり
大粒のがなかったな〜。
秋6.bmp

で、栗拾いは楽しいよ、うん。


・・・その後の、皮むきは地獄(>_<)

4日かかって、バケツ2杯分の栗の皮むき終了!!
もうね、ペティナイフ握っていた指が靴擦れ・・・
じゃなくて、ナイフずれ起こすします・・・。

でも、秋の味覚のためならばぁ〜〜〜♪ですよっ!!

秋!といえば、Y県民のDNAが叫びだすわけです!
いも煮を作れと!!
Y県民のソウルフードですから!!

栗料理レシピは
↓↓↓
http://sydney-gohan.seesaa.net/

ご覧下さいね!


タグ:シドニー
posted by な〜お at 11:10| Comment(5) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

シドニーで英国庭園をまったり

シドニーでのウチの毎年恒例の秋行事といえば
紅葉見るのと、林檎狩り&栗拾い。
すでにお気に入りの場所があって、
行くとこはいつも同じです。

何か秋を楽しむ行楽はないものかと数年前に
ネットで見つけて、一度行ってみたら
大のお気に入りになってしまった場所。
小さな小さな山の中の町なんだけど、
そこだけなんだかオーストラリアっぽくなくて
なんというか、イギリスの片田舎みたいな雰囲気。

実際、凝ったイングリッシュガーデンがいくつも
あったりして、入場料を払うと誰でも見学できます。
大抵どこの庭も休憩場所を設けていて、お茶や
コーヒーや、場所によってはビスケットなんかも
無料でいただけるとこがあります。


今回ワタシ達が入ってみたのは、メインの通りから1本山側に入った、
かなり大きな庭園でした。
でもっ!!! これでも個人の方のお庭なんですのよ〜〜〜。


古いベンチや椅子があちこちに置かれてたんだけど、
うっすら苔むしている感じが素敵。

庭園1.bmp

庭園2.bmp

ちょっと雨が降って来たんだけど、雨露に濡れた花が逆にとても
奇麗に見えました〜。
庭園3.bmp

外にこんな大きな暖炉があったり、
庭園4.bmp

あ、こんなところに英国紳士がっ!
・・・って、紳士には見えないか(汗)
庭園5.bmp

大きなお池があったり・・・
庭園6.bmp

ていうか、滝まであったり・・・。
ええ、個人の方のお庭です・・・。
庭園7.bmp

庭で迷子にならないように、
ちゃんと矢印があったりするんだもの〜。
庭園8.bmp

もはや、「庭の木」の一言では
片付けられないデカさです。
庭園9.bmp

ヒミツの花園的なドアがっ。
庭園10.bmp

近くには、シドニーの町中では見かけるのも珍しい紅葉並木の
公園もあります。
ワタクシ、お育ちが山のコですから、やはり赤い葉っぱを見ないことには
秋を感じられないのよっ。
庭園11.bmp

庭園12.bmp

庭園13.bmp

庭園14.bmp

庭園15.bmp

庭園16.bmp

でも、S氏の本当の目的は、この公園でのBBQすること
なんですけどね・・・。


日本式に、カセットコンロとホッとプレート持参で、
公園で鉄板焼きするのも毎年のこと。
花より団子な男ですよ・・・。
posted by な〜お at 08:24| Comment(3) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

イースターショーの主役といえば?! =動物編=

イースターというと、なぜかマスコットはウサギ。
イースターバニーとも言われていますが、
この時期になるとよくウサギのかぶりものが
あちこちに出没しては、子供達にイースターエッグと
呼ばれる卵型のチョコレートをくれます。

各家庭でも、このチョコを家や庭のあちこちに隠して
おいて、子供達に探させるというのが定番のよう。

ウチもやりますよ♪
子供はいませんので、S氏が「今年もやるのかよ・・・」
と少々ウンザリ顔で探してます(笑)

さてさて、イースターショーにはさまざまな乗り物や
アトラクションはありますが、ショーの主役と言えば
なんといっても、動物達でしょう!!
といっても、家畜系の動物さん勢揃いですがっ。

イースターショーの敷地内には、牛舎や羊舎、鶏、アルパカ
豚さんナドナド、品評会で賞を取った家畜達が勢揃いしてます!

・・・なので、かなりキョーーーレツな匂いが(汗)

これもまた、イースターショーのお約束ですね!

牛さんて、目が色っぽいよね。
牛.jpg

こちらはアルパカ。
アルパカ.jpg

いくつかあるスタジアムのひとつで
行われていた、カウボーイアトラクション。
牛追い1.jpg

グラウンドの中に、4本のポールがあって、
カウボーイは、馬を操りながら、
解き放たれた牛が決められたルートに沿って
走るように誘導するわけです。
最後までそのルート通りに牛を誘導できれば勝ち、
牛が勝手にどっかに走ってしまったら、そこで
ホイッスルが鳴って終了となるわけ。
牛追い2.jpg

やはり時々は気性の荒い牛もいるので、
走りながら後ろ足で蹴ってきたり
なかなか難しそう〜。

こちらはまた違うパビリオンの中。
羊の毛狩りショーですね。

毛刈り1.jpg

子供に毛狩り体験もさせてくれます。
毛刈り2.jpg

そうそう、ラノリンっていう羊の脂で作った
クリームがありますよね。
これは、毛刈り職人さん達の手が、重労働なわりに
奇麗だったことから、発見されたらしいです。

羊どころか、牛も毛狩り?
牛毛刈り.jpg

ドッグショーもあり、ちょうどドッグランが
行われてました。みんな上品そう〜〜。
犬1.jpg

出番を終えた犬達は、思い思いに休憩中。
どこのおばちゃんかと・・・。
犬2.jpg

こちらも、お気に入りのオモチャ抱えて爆睡中。
犬3.jpg

悪い夢でも見てるのかな?
犬4.jpg

遊園地あり、ショーあり、動物達にも会える、
ロイヤルイースターショーは、家族で丸ごと
楽しめるイベント。
オーストラリアの秋を堪能したいのなら、
一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
posted by な〜お at 18:29| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

ロイヤル・イースターショーの続き =アトラクション編=

イースターショーでは、遊園地の設備の他にも
いろんな催しものをあちこちでやってます。
大抵、ショーの時間は無料で配布されている
ガイドブックに乗っているので、
ショーとショーの間に、遊園地で遊んだり、
お買い物したり、他のショーに行ったりと
お目当てのショーを見逃したくない場合は
事前に移動計画をたてておくことをおすすめします!

いきあたりばったりなな〜お達はそれで失敗しました・・・。

今年の目玉はなんと! ダイビング・ピッグとかいうショー。
その名の通り、ベイブみたいなブタさんが、プールに向かって
自分でダイブ!するとかいう、ほのぼの爆笑系に惹かれ
すっごく観たかったのですが、あちこち見て回るうちに
いつも時間をミスり、結局この日は見れなくなっちゃいました・・・。

でも、ショーの中でも外せない花形的アトラクションと言えば、
ウッドチョッピング
これだけはミスるわけにいきませんっ。

オーストラリア国内にとどまらず、
今回はアメリカやフランスや
ニュージーランド、アイルランドの選手達もいましたね。

競技はまあ、言ってしまえば、丸太切りなんですけども、
そう一言では片付けられない醍醐味があるんですよ!

チョッピングの仕方も色々で、横にした丸太の上に立つやり方や、
ウッドチョッピング1.jpg

縦の丸太を左右からチョッピングするもの、
ウッド2.jpg

はたまた、電柱のような長〜い柱に足場を作りながら、
最後に一番上にある丸太を切り落とすものなどなど。
ウッド3.jpg

女性が参加するタイプもあります。
これは男性と組になって、のこぎりでスライスする競技。
あっという間に切れちゃいました!
ウッドチョッピング女性.jpg

面白いのが、そのルール。
何度かトーナメントが行われた後の決勝戦が一番面白い!

勝ち残った8名がまず、1列に並びます。
並ぶ順は、1が一番上手な人で、8がまあ
記録が悪かった人となります。

縦になってる丸太の写真だとわかるかと思いますが、
丸太にチョークで「3」と番号が書かれてますね。

競技が開始されると、ジャッジがゆっくりとカウントを
始めるのですが、この数字が、自分のスタートカウントなんです。
そう! 今までの記録によって、それぞれハンディキャップが
あるわけなのです。

3と書かれている人は、ジャッジが「スリー」と言った
瞬間から始めていいわけ。

今回面白かったのは、電柱みたいなのに足場を作ってく
タイプのやつ。
なんたって、8番目の人のスタートカウントが11、
1番目の人のカウントが110ですよ?!
いくらなんでも、ハンディありすぎでしょーー?!と
誰もが思ったもんです。

実際、1番目の人がスタートした時には、8番目の人は片側が
ほぼ終了してました。

なのに!!
1番目、タスマニアの選手でしたけど、スタートした途端、
はやいのなんのっ。

ウッド4.jpg

足場を作るのに、他の人は3回くらい
斧を打ち付けてるのに、この人1回ですもん。

で、見事ぶっちぎりで優勝!!
出だし好調だった8番は、最後から2番目でした。
こういうハラハラドキドキのスピード感が
面白いんですよね〜〜。

ウッドチョッピングを見終わって、
コーヒーでも飲もうかとうろついてみると、ステージでは
学生バンドの演奏が。
この男のコ、プロ並みにすごい歌が上手でした!
びっくり!!

学生バンド.jpg
収穫を祝うパビリオンというのもありまして、
中には各州が農作物で凝ったディスプレイを
作って展示してあるのも、名物のひとつ。

これはウエスタン・オーストラリアの展示。

野菜ディスプレイ1.jpg

こちらはクィーンズランド州。
真ん中の本も、コットンで作られてました。

野菜ディスプレイ2.jpg

こちらはタスマニア。
林檎で作ったニジマスがいい感じです。

野菜ディスプレイ3.jpg

中にはオイスターバーなんかもあって、
食べてみたかったのだけど、牡蠣はS氏の
天敵ですからね・・・。残念っ。

農作物や、いろんな調味料を売ってたりします。
クッキングショーには沢山人が集まってました。
クッキングーショー.jpg

これはまた違うパビリオンなのだけど、
ケーキ品評会みたいな?
けーき.jpg

中で、審査員みたいなおばちゃんが
話をしていて、人も沢山集まっていたんだけど
おばちゃんのコメント、かなり辛辣!
笑いまったくなし!ですよ・・・(汗)

ケーキ評論家.jpg

「ほ〜ら、これは最悪のパターンの仕上がりね」とか、
「こんなに表面がざらついてたら、すでにパンとは言えないわね」
とか・・・。

会場がシーーーンってなってましたよ。

イースターのお話、もう一回だけ続きます☆
posted by な〜お at 18:21| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

シドニーの秋を満喫!といえば、 イースターショー!! =遊園地編=

4月5日で、サマータイムが終わったシドニー
毎回のことながら、サマータイム終了日の朝は、
家中の時計を1時間戻す作業から始まります。
まあ、夜中に終了するから、寝る前に直しとけばいい話ですが、
なんとなくね。やっぱ、朝が来たら違う日!って思いたいじゃない
ですか〜。

そんなワケで、日本との時差も1時間になりました。

サマータイムの終了と共に、シドニーは秋に突入!なのですが、
今年はその前からぐずぐずな天気が続いてたので、
例年より早く秋になっちゃた感じが。

でもって、4月に入るとすぐにやってくるのが、イースター・ホリデー。
ワタシの記憶では3月後半だったと思うんだけど、
今年は4月11日からでした。
言わずとしれた、キリストの復活祭ですね。
11日の金曜日は、グッド・フライデーという祝日。
キリストが天に召された日らしく、敬虔なクリスチャンはこの日は
お肉を食べてはいけないらしいです。
・・・クリスチャンなはずのS氏は食べてましたけどっ。
魚系は食べて良いらしく、そのせいでイースター・ホリデー前のフィッシュマーケットはものすごい混みよう!!
スーパーもほとんど閉まるので、事前の買い出し客で、
どこに行っても人が溢れてます。

その3日後の日曜日が、復活した日でまた祝日。
それを受けて月曜日がお休みと、4連休になるため、
旅行に出かける人も多いし、そうなると事故も多発するってんで、
連休時にはいつも違反ポイントが
ダブルに設定されますのでご注意を!

そしてもうひとつ、秋といえば収穫の季節。
秋の大収穫祭とでもいうべき最大のイベントが、
シドニーのオリンピックパークで毎年開催される
ロイヤル・イースター・ショー!

広大なシドニーオリンピックパークのあちこちで、テーマに沿った催しものや
パビリオンが並んでいたり、遊園地エリアには巨大な乗り物や
怖すぎるくらいのお化け屋敷があったり、子供も大人も丸一日楽しめ
ちゃいます。

入り口ゲートを抜けるとまず、遊園地エリア。
この手の乗り物にはすぐ酔ってしまうな〜おは、見て楽しむだけ。

のりもの1.jpg

このくらいのなら、乗れるんだけどな〜。
残念!お子ちゃま専用でした。

のりもの2.jpg

こんな巨大な滑り台も!!

ジャンボ滑り台.jpg

一緒にビデオ観たことあるS氏が、指差して
「あ、デスノート」っていうから何かと思ったら
お化け屋敷のゲートの上にいたモンスター。
チビッ子泣き出しちゃわないの?!ってくらい
グロ怖いんですけど・・・。
おばけやしき.jpg

自分があまり興味がないんで、写真に撮ってなかったんだけど、
もっと、ジェットコースターやら観覧車やらフリーホールやら、
やたらデカくて怖い乗り物もいっぱいあります。
ちょっとした遊園地よりも設備整ってるかも?

平和主義な〜おの観るもんは、のんびり系です(笑)
でっかいトラックの後ろが全部ガラス張りになってて、
釣り具のセールスパフォーマンスやってるのとかね。

つり.jpg

おお、S氏が水の中に?!って・・・
遊んじゃいました。

水中さいもん.jpg

これはピザの屋台なんだけど、店構えが
凝ってますねぇ。

ピザ屋.jpg

お昼は軽く、ジャーマンソーセージの
ホットドッグを食べました。
クランスキーっていうソーセージは日本の
ソーセージみたいに皮がパリ!っとしてるので大好き♪
食べるのに忙しくて、写真撮ってないしな・・・。

イースターショーに来た日は、1日屋台の
ジャンクフード!
これが基本ですね!

遊園地屋台.jpg
ちなみに晩ご飯は、アメリカンドッグ〜。
日本より3倍くらいデカくて、半分食べたら
胸焼けしますよ・・・。

他には、お祭りの定番、林檎アメやホットドーナツ、
スィートコーンやホットチップス(フレンチフライ)、
そうそうこっちの綿菓子は、日本のように箸とか棒とかに
巻き付けず、ビニール袋に入ってるのを手でちぎりながら
食べるのが普通。

かき氷、スルーピーっていうフローズンのジュースや
レモネード。

ああ、お祭りの食べ物って、どうしてこう見るからに
体に悪そうで、しかも楽しそうなんでしょうね〜〜♪
大好き!!

そうそう、子供達がイースターショーに
来たがるもうひとつの理由は、ショーバッグ!!

これは子供向けのいろんな会社や、食品会社がイースターショー用に
毎年準備する、お菓子やら景品やらが入ったバッグで、
昔は$10くらいでお菓子がいっぱい入ってたりしてたんだけど
最近ではちょっとした福袋的に中身も充実して、お値段もそれなりに
高くなってきたみたい。

いろんなショーバッグを買い占めるために、1年間お小遣いを
ためて
来る子もいるとか。
わざわざ、大量に買ったショーバッグを入れるために、旅行用の
スーツケース持参で来る家族もいるほど。

これが、ショーバッグが売られているパビリオン。

ショーバッグ.jpg

ショッピングセンター並みに広い建物の中、
各社のショーバッグがところ狭しと並んでます!
Dollyっていう、ティーンエイジャーガール向けの
出版社が用意してたショーバッグが可愛かったな〜。
タンクトップやらニットキャップやらも入ってて。
・・・さすがに40代では手がだせませんけどもっ。

さてさて、イースターネタはまだまだ続きます!
posted by な〜お at 10:29| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

このビートはクセになる?! シドニーでサンバド ラム!!

以前に、ワタシの友人が自分達だけの素敵な
オリジナルウエディングを行った記事を書いた
ことがあるのですが、覚えてる方いるかな〜?

その時にもチラリと書いたんだけど、このふたり実は
シドニーで活躍中のサンバドラムチームに
所属してまして、シドニー市内の様々なイベントに
呼ばれては、イカすパフォーマンスを披露してるんです。
ちなみに旦那様が、今はリーダーになってるのかな?

グループの名前は、Sambaloucoと言いまして、ウェブサイトもあります。

http://www.sambalouco.com/

彼らのパフォーマンスのサンプル音もありますから、
是非聞いてみてください!

ドラマーだけではなく、リオのカーニバルを彷彿させる、
セクシーゴージャスダイナマイッなダンサー達もいて、
ショーを華やかに盛り上げてくれます。

シドニーで毎年3月行われる、ゲイの祭典
マルディグラの最終日のパレードでも、パレード前の
景気付けとして彼らのパフォーマンスがありました。

IMGP2155.JPG

真ん中で、紫のキラキラアフロになってるのが、
旦那様のジェフ君です。
ドラムを演奏しつつも、常に全体に目を配って、
指示を出す姿がとっても凛々しくって素敵です!!
でもって、オレンジのビキニトップ着てるのが
奥様。
ちっさくて細い、この体のどこからそんなパワーが?!と
思うくらい、ドラミングしている時の彼女は男前で
カッコいいったらないです!

メロディラインもなく、パフォーマンスは本当に
ドラムだけなんですけどなんというかこう、
体の奥底からリズムがわき上がってくるというか、
とにかくじっとしてられなくなっちゃいます。
人が楽しめる本質って、やっぱりリズムにあるんだな〜と実感。

ダンサーのお姉様達も、素敵です♪

IMGP1928.JPG

彼らのライブ情報は、ウエブサイトで常時アップされているので、
シドニーにお住まいの方は時々
チェックしてみてください。

どこかで、彼らの素敵なパフォーマンスを目撃するかも
しれないですよ!

IMGP2116.JPG

タグ:シドニー
posted by な〜お at 13:04| Comment(2) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

オーガニックのスーパー マーケット

体に優しい! 財布にキビシィ…
オーガニックのスーパーマーケット

オーストラリアに住むようになってから、
体重はうなぎ上りっ。
そのくせ日本に帰ったら帰ったで、食い貯めしておかなくちゃ
いけないものだらけで、またまたアップ!

結局、どっちに住んでいても体重は増える一方なワケで(T_T)

これじゃあイカン!
アメリカを抜いて肥満体国に成り上がったオーストラリア
ここで自分に歯止めをかけねば〜〜〜〜〜っ!!

と一念発起。
というよりも、S氏にせっつかれてって言ったほうがいいかも。
お互い、年齢的なものもあると思うのだけど、
脂肪のつき方がすご〜〜〜くオッサンオバチャンぽくなってきたので。

かといって、ワタシ達に「食べないダイエット」というのは無理っ。
運動も、実は去年肋骨の手術をして、ステンレスのバーが胸部に
入ったままなので、かなり運動制限や重量制限があり、しばらくは
無理。
S氏も持病の腰痛があるので、二人ともウォーキングくらいが関の山。

ということで、ここ1年くらいでしょうかねぇ、けっこう
食べるものに気をつけるようになりました。

といっても、ズボラなワタシ達のこと。かなりアバウトです(笑)
でも、それがかえってワタシ達にはいいのかも。
本を読んだり、GI値リスト見たりって、始めちゃうと
長続きしないんですよね〜〜〜。

それに元来、オーストラリアの野菜やお肉は
美味しいのだけど
その中でもファーマーズマーケットやらにいけばさらに新鮮で
美味しい食材が手に入るっていうのも、楽しくダイエットできる
ポイントかも。

オーガニックのスーパーマーケットも、たまに行くようになりました。
以前はもうね、素通りしてたもんだけどっ。

たまたま行ったオーガニックのスーパーマーケットで、コシヒカリの
玄米っていうのを売ってたことがあって、けっこう高かったんだけど
試しに買ってみたら、とっても美味しかったのだ♪
それから味をしめて、玄米をちょこちょこ炊くようになり、
最初は白米とのブレンドだったのに、だんだん白米の率が少なく
なってきて
今じゃあ毎食100%玄米の食生活!

そこで、声を大にして言おう!!

玄米生活!!超おすすめです!!
匂いや炊きあがりが硬くて苦手だという方もいらっしゃいますが、
炊き方ひとつでまったく気にならないし、普通のお米とおなじくらいに
ふんわり炊けますよ〜〜〜!

主食を玄米にしてからは約1年ですが、その間にS氏は
8キロ、ワタシは
5キロ減りました。
おかずもなるべく油分の少ないものを・・・とは思ってますけど、
でも普通にカレー食べたり炒め物食べたりしてて、ですよ。

今では逆に、白米を食べるとなんだか胃が重い・・・。

と、最近玄米の話題になると止まらなくなるのですが、
今日はそのオーガニックスーパーマーケットを
ご紹介。

スーパー.jpg

え?今日お休み?と思ったら、シャッターが壊れてて
これ以上開かないそうです・・・。
オーストラリアではけっこうありがちなトラブル。

ふるーつ.jpg

普通のスーパーもそうですけど、生鮮食品は
自分でビニール袋とかに詰めて、グラム売りです。
オーガニックっぽく、形がいびつだったり、色が
くすんでたりしますが、ここで買ったマンゴー超甘かった♪

いっぱいシリアル.jpg

シリアルも、種類が豊富!
シリアル自体色んなブレンドのものがあるのだけど
中に入っているドライフルーツやナッツやらでも
また違ってきます。

シリアル.jpg

これはミューズリー。
シリアルよりももっと、「乾燥雑穀」って
感じで、噛みごたえあり。
ヨーグルトやミルクを入れて食べるのは同じかな。

すーぷ.jpg

色んな野菜のスープも、
見るからに体に良さそうだな〜。

ドレッシング.jpg

このサラダドレッシングの缶、
めっちゃ可愛い!
しかも、まんなかのやつ、MISOって書いてある!

アジアン食品コーナーってのもあったんですが、
これ・・・オーガニックだっけ???

おたふく.jpg

ミントカン.jpg

ミントタブレットの容れ物も
カラフルで可愛いですね〜。

店内はこんな感じ。

スーパー内.jpg

オーガニックスーパーにあるものって、
なにかしらいちいち可愛いんだけど、いかんせん、
いちいち高い!
なので、お目当てのものをちょろ〜〜〜っと買うだけです・・・。

食材の他に、漢方薬局なんかもあります。

漢方.jpg

あとここは、カフェコーナーもありました。

かふぇ1.jpg

美味しそうなケーキやらが沢山あったんだけど
これも全部オーガニックなのかな〜。

かふぇ2.jpg

一度バナナブレッドを買ったことがあったけど
しっとりもっちりしてて美味しかったです。

シドニーの町中、けっこうどこでもオーガニック
ショップというのは見つけやすいので
待ち歩きの時にでも、さくっと覗いてみると
楽しいですよ!
posted by な〜お at 09:45| Comment(2) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

オーストラリア史上最大にして最悪の山火事

山火事.jpg

山火事のこと
先週くらいから、日本に住む友人数名から心配メールを
頂きました。

今現在もその被害を広げている、
ビクトリア州の山火事
日本でもニュースになってるようですね。

ワタシが住んでいるのはニューサウスウエルズ州の
シドニービクトリア州とは
車で10時間くらい離れている土地なので大丈夫です。

とはいえこの時期、どこで山火事が起こっても
不思議ではない状況が揃っているので、
シドニーでも警戒態勢は取られているとか。

オーストラリアのシンボルでもあるユーカリ。
実はこの葉には油やアルコールに似た成分が入っているので、
乾燥していたりすると非常に燃えやすい葉なのです。

ここ数年起こっている山火事は、
子どものいたずらや投げ煙草が原因となっているものが多い
というのも悲しいですが、朝露がレンズの代わりとなって、山火事が起こってしまったりもします。

日本のお天気予報なんかで、「本日の洗濯指数」みたいな
表示があったりしますよね。
そんな感じで、こちらでは天気予報や、実際に山の中などに
山火事注意指数」の看板があったり、
今日は外でBBQしないでくださいなんてアナウンスがあったり。
湿気が無くて、温度が高い割には過ごしやすいオーストラリアの夏ですが、いつも山火事
心配は隣り合わせ。

今回のビクトリア州の山火事
燃え始めたのはなんと2月7日。
まだ燃え続けている・・・。
これまでに発表された死者の数は181人。
けれどこれはあくまで「数えられる範囲で」であり、
火の勢いが強すぎるために捜索すら出来ていない地域も
広範囲にあり、おそらくは300人を超すことに
なるだろうと言われています。

町全部が焼け落ちてしまった地域すらあるのですから・・・。

火事で亡くなったというと、火に飲まれたのかと思いがちですが、
それよりも恐ろしいのは煙の被害。
最初、車で避難しようとしていた人々は、煙で視界が利かず、
火の手の方に逃げてしまったり、車同士が事故を起こしたり、
もしくは車の中に煙が充満して・・・ということもあったそうです。

ビクトリア州の山火事現在までに、家を失った人の数は5000人にものぼるとか。

約4000人の消防隊員が消火活動を行っているにも関わらず、
依然として火の手は周辺住宅や木々を焼き続けています。

警察では、放火の線が濃厚と見ているらしいですが、
まったくもって許せない行為です。
これまでに焼き尽くされた面積は、東京都の2倍ともいえる、
約40万ヘクタール。
今頃、放火の犯人はこれをどんな思いで見ているのでしょうか?
この人達が、一生を費やして植林をしたとしても、
到底元通りにはなりません。
今後一体、何十年かけて、元の緑に戻る事ができるでしょうか?
少しでも考えて欲しいものです。

そしてこうしている今、家を無くし、大切な人を無くした
心の痛みを、考えて欲しいものです。
posted by な〜お at 11:21| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

シドニーフェスティバル初夜

1月のシドニーは
とっても賑やか!
ニューイヤーの花火からスタートして、
26日にはオーストラリア・デーも控えてますからね。

そして、その間ずっと“シドニーフェスティバル”
期間ということで、いろんなイベントが目白押し!

ワタシはなんとなく、1月1日になったらもう
シドニーフェスティバルに突入するんだな〜と
思ってたのですが、どうやら今年は10日が
初日だったみたいです。

新聞でちらっと見ただけで、ワタシはあまり把握して
なかったのだけど、S氏は珍しく入念に下調べをしていて
なにやらやる気満々。

夜から市内は道路規制もして、野外コンサートがあるとのこと
で、ワタシ達もでかけてみました。

行ってみてまず、ヒトの多さとその規模にびっくり!
“野外コンサート”なんて可愛い響きどころの騒ぎではなかったで
す(笑)

もう、シドニーの中心部全体がコンサート会場か
ダンスクラブといってもいいくらいの大賑わい!

昼間、海岸を散歩して、沢山のソルジャークラブの群れを見たんだけど
なんだかそれに似てましたよ。ヒト、ひと、人で。

市内のカレッジストリート、キャッスルレイストリート、マッコー
リーストリート等、中心部の通りは全部歩行者天国。

ちょっと人の群れを離れて、カレッジストリートにある美術館を見
上げたら、恐竜がっ。

しっぽ.jpg

あたま.jpg

こういう遊び心のあるディスプレイ、大好きです。

まずはハイドパーク散策。
これは子供用のステージらしいです。

子供用.jpg

噴水近くでは、ワタシの好きな音楽を
やってました。
ジプシー音楽というか、バンドネオン的というか。
昼のハイドパーク.jpg

この噴水も、夜になったらライトアップされて、
同じ場所とは思えないくらい奇麗になってました。

夜のハイドパーク.jpg

夜の噴水.jpg

ハイドパークからマコーリーストリートへ出ると
そこにもステージが。
若者絶叫系でした(汗)

まこりすとりーと.jpg

ここからS氏がドメインの方に行きたいというので
行ってみると、もう人が蟻のようにうじゃうじゃいましたっ。

どめいん.jpg

おそらく誰か有名どころが来るらしい。
S氏は知っているのに、教えないし・・・
と思ったら、

キャットエンパイヤ登場!!!

きゃーーーーーっ!!!!!

felix1.jpg

メルボルン出身のバンドなのですが、
オージーバンドには珍しく、
スカやレゲエやラテンなんかをミックスした
音楽で、ワタシの大好きなバンドです!
S氏、アナタ最近イキなことするようになってきたわねぇ。

felix2.jpg

さすがに人が多すぎて、ステージ上の
生Felixクンは見えませんでしたが、
モニターでも大満足♪

こういうイベントのステージだと、
数曲しかやらないもんなんだけど、
この日はけっこうがっつり演奏。
いや〜ものすごく得した気分です♪

キャットエンパイヤの次は、
グレイシー・ジョーンズという
黒人の女性シンガー。
でもこちらはあまり興味がないので、
またマーティンプレイスまで戻ってみることに。

すると、なんだか面白そうなパフォーマンスをしてました。
どらむ.jpg

ドラムをメインに、後ろにはパイプオルガンのように
パイプが沢山並んでいて、火炎放射器みたいなのの
威力とガス?で、そのパイプが音を奏でたり、
ぼん!っという爆破音がドラムのように聞こえたり。
今まで見た事ないパフォーマンスで
すごく面白かったです。

ピットストリートに近い側の広場では、なにやらダンスバトルが。
ダンス.jpg

これ、わかりづらいと思うのだけど、左のビルの
壁にも映像が大写しされててかっこ良かったです!
ダンサーの中には、5歳くらいの男の子がいたりしてビックリ。
しかもすごく上手! もう立派なB-Boyでしたよ。

さっき通ったマコーリーストリートはすでにクラブ状態。
ちょっと若者の目つきもあやしくなってきてます・・・。

ハイドパークではジプシーキング&クィーンという
スパニッシュバンドが、セクシーな踊り子さんと一緒に
パフォームしてました。
ひとり、トランペットとヴォーカルをやっていたおじさんの
声がすごくサッチモみたいで素敵でした〜。

でもS氏はこのテの音楽があまり好きではないので、早々に
違う場所へ。ちっ。

途中にあったチャイニーズのニューイヤーディスプレイ。
今年は子年なんだね。
ネズミ.jpg

カレッジストリートへ向かう途中、
酔っぱらってか、ナニかでふわふわ状態になってる
若いオンナノコが踊りながらS氏へ近づいてきて、
体くっつけるくっつける(笑)
それもひとりがやりだしたら、周りにいたオンナノコが
みんなS氏を囲み始め・・・。
久しぶりのモテ攻撃で、S氏はものすごく照れてました。
ぶははは。よかったね〜〜〜。新年早々いいことあったね〜。

でもって、そのカレッジストリートはもう、ダンスクラブ状態。

カレッジすとりーと.jpg

トランス系の音楽でもうみんなノリノリ。
ワタシは苦手なんだな〜。
前からそうだったんだけど、ジャズの勉強をはじめてから
余計に、機械で作った音というのがあまり好きでは
なくなった。
しかも延々同じメロディが繰り返されるみたいなのは
もうホント苦痛ですね。
でも、S氏はこういうのが好きなんすよ・・・。

神聖なカテドラル前がもう、こんな状態。

カテドラル前.jpg

あまりに興奮しすぎて、こういう馬鹿も出てきます。
ばか.jpg

木に登ったり、柱に登ったりね。
でも、この後、周りの人達から
ペットボトルぶつけられたり、
サンダル投げつけられたりして、
散々な目にあってましたよ(笑)

前に進むのも困難なカオス状態になってきたので
ワタシ達はもう帰ることに。
といっても、11時終了で、この時10時40分くらい。

少し離れたところに車を停めていたのだけど、
ちょうど車の所に戻った途端に、花火の音が・・・。
S氏も花火があるとは知らなかったみたいで、
見逃してしまいました・・・。

とはいえ、大晦日の夜だって、ここまでのイベントはないし
オーストラリアでーだってここまで派手なイベントはないし
久しぶりにはじけた夜で楽しかったです。



posted by な〜お at 21:15| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

シドニーの大晦日

大晦日1untitled.bmp

2008年最後シドニーの夕焼けです。

遅ればせながら、シドニーの大晦日の様子を…。

いつもなら、シティで行われる花火を見に行くのですが、
旅行から帰って来たばかりということもあるし
近くのビーチに見に行くだけにしました。


今年は、色んな意味で特別な年でした。
ワタシ達ふたりにとっても、試練の年だったと思います。


でも今、こうしてオーストラリアにいることに、
本当に心から感謝しています。


さてさて、まずはファミリーファイヤーワークスと呼ばれる
9時の花火。


ブライトン・レ・サンズのビーチで見ました。
あたりは沢山の家族連れでにぎわってましたよ。

大晦日2untitled.bmp

YouTubeに動画をアップしてみましたので、
見てみてください。
デジカメの動画で撮ったので、あまり奇麗ではありませんが。
これで、町内花火ですからね。


http://www.youtube.com/watch?v=RsdRqK5RXHQ


オーストラリアでは、日本程に消防法とかうるさくないらしく、かなり近くから花火をあげます。


なので、上を向いて見ていると、バラバラと燃えカスが落ちてきて
目に入ったり、服についたり。
けっこうデンジャラスですっ。


このときも、「うわ〜〜奇麗奇麗〜〜〜」と言ったすぐ後に、
目にぼろっぼろ落ちてくるので、夜だというのに目を細めて
みてました。


でも今年はカウンシル、頑張ったな〜。
シティよりも10分くらい長かったんじゃないかな?


花火の後は、大通りが歩行者天国状態だったので
ちょっと歩いてみました。
あまり寒くない夜で、アイスクリーム屋さんには
ものすごい人だかりができてました・・・。

大晦日3untitled.bmp

結局、12時の花火はもう出かけるのが
おっくうになって、家でテレビで見ました。
なかなか今年のはすごかったですね!
例年にないくらい派手でした。


来年は頑張って、シドニー市内に見に行こうかな。


posted by な〜お at 10:27| Comment(0) | シドニーでの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。